にゃんダフルDAY

猫、旅、食など。日常の中のにゃんダフルを綴りたい(^-^)

世界の猫島『相島』に行く前に ~おすすめの楽しみ方7選(^^)/~

 

f:id:nyandaful_day:20190808141535j:plain

CNNで世界6大猫スポットにも選ばれた、相島。今や言わずと知れた猫島となりました。

しかし、「遠方から期待して行ってみたが、大したことなかった。。」

なんて声を周りから聞くことも。

筆者は福岡在住で相島は3度訪問しました。

確かにこれまでの2度の訪問で、正直何か違和感というか、消化不良というか、猫はかわいいんだけど、思う存分こねこねできない切なさを抱えて帰るという経験をしてきました。

何だろう?何でなんだっけ?と思い、再度訪問してきました。

3度目にしてこれまでの違和感を多少消化することができました。

そんな筆者が見出した相島の楽しみ方7選をお伝えします。

 

相島へのアクセス

まずは簡単にアクセス方法から。

公共の交通機関の場合、下記がスムーズかと思います。

 JR福工大前駅→(コミュニティバス)→新宮港→(フェリー)→相島

フェリーの時間に合わせて余裕を持って向かいましょう^^

町営渡船しんぐう時刻表 - 新宮町ホームページ

 f:id:nyandaful_day:20190808140127j:plain

  

 

相島の楽しみ方

その1.相島の猫について知る

これが一番大事な気がします。

まず、相島の猫は野良猫です。いわゆる猫カフェや室内飼いの猫たちとは違う。

島の生活、島の自然と、その中の野良猫に接するということを忘れないこと。

野良猫でもここの猫たちはかなり人なつこいですが、警戒心の強い子もいますし、野良なので目ヤニの激しい子とかもいます。

(猫用のティッシュ等何かふくものを持って行って、嫌がらなければ顔を拭いてあげるのもいいかもしれません。目が明かなくなるとかわいそうなので。。)

私も野良猫なので思う存分こねこねできなかったんだな、と改めて整理できました。

(しかし今回はすごい勢いで甘えてくるとてもきれいな子がいました。満たされる猫欲。。)

f:id:nyandaful_day:20190808140730j:plain

のびのびと足に絡みついてくる~(´・ω・`)

エサやりはNG。島の方が時間を決めてエサをあげているそうです。無制限にあげてしまうと、その分繁殖にエネルギーが使われ増えすぎてしまうためのようです。 

f:id:nyandaful_day:20190808140300j:plain

この相島の人と猫の距離感は絶妙なバランス、ということで研究者の方も注目しているという記事を見かけましたよ。

sippo.asahi.com

筆者が3度目に訪れた際は生後1~3ヶ月前後と思われる子猫がたくさんいて、お母さんと子猫の親子を何組か見ました。子猫を見ていると、お母さんが寄ってきて甘えてくるのは子猫の分もご飯をゲットしようとする母の愛なのかなと感じました。

 

f:id:nyandaful_day:20190808141301j:plain

奥が子猫、手前が母猫のよう

f:id:nyandaful_day:20190808180820j:plain

母猫爆睡中

毛並みや皮膚が荒れていたり、足を引きずって少しやしている猫もいて、そういうのは雌に多い。

逆に毛もふわふわでふくよか、きれいな猫は雄に多い。

雌は子供を産んで体力消耗し、子育てのために子供を外敵(島ではカラスや大きなトンビを見ました)から守りエサを探し、かなり苦労するんじゃないかなと想像。

雄は普通子育てしないらしいんですが、この相島では雄も子育てに参加したということがNHKのダーウィンが来た!で発見されたようです。

cgi2.nhk.or.jp

環境的に、その必要が生まれたんだろうなと感じました。

島に暮らす猫たちの生活。その予備知識があるとより楽しめますよね♪

 

その2.早めに着いて新宮港の猫たちと戯れる 

島へ渡る前の、新宮港周辺の海も割ときれいです。港では釣り人も多く、釣り船も多く停泊しています。

そこに住み着いている野良ちゃんたちもとてもかわいいですよ^^

今回時間の余裕がなかったのですが、以前訪れた際にたくさん遊んでもらいました。

砂浜や駐車場などにちらほらいます。

このあたりは釣りをしている人がメインのため、猫をマイペースに愛でることができて穴場かと思います。

 

その3.“ごみひろい活動”に参加する

f:id:nyandaful_day:20190808140017j:plain

フェリーの座席ポケットにいれてある案内

相島では、漂着ゴミや観光客のポイ捨て、猫の糞等のゴミを拾う“ごみひろい活動”を随時行うことができます。猫のために何かしたい、そんな方におすすめ。観光案内所で紙トングと割りばし、袋の3点セットをもらい、早速チャレンジ!

f:id:nyandaful_day:20190808140428j:plain

「今日はそんなにないかもね~」とお姉さんに言われたように、そこまでたくさんは落ちてなかったです。割とほやほやの猫の糞、タバコの吸い殻やペットボトル、観光客の捨てた案内MAP等を拾いました。

f:id:nyandaful_day:20190808141155j:plain

こちら、思わぬご褒美が2つあります。まず猫モテします!

袋のガサガサと、割りばしで猫の気を引くことができるのです。おかげでたくさんの猫とお近づきになれました。これは、手ぶらでは味わえなかったと思います。この時点で、やるしかないでしょ、これは。

2つ目がこの切符です。

f:id:nyandaful_day:20190808172105j:plain永久に有効なんですね~!にゃんだかかわいい。何かリピしたくなる工夫があってもいいかも?

こちらを受け取ったあと、観光案内所は即閉まりました。私を待っていてくれたようです。ありがとうございました!

 

その4.お散歩orレンタサイクルで島の風景を楽しむ

何時間滞在できるかにもよりますが、島を一周、あるいは半周程度回ってみるのも離島の醍醐味です。猫ちゃんは大体港周辺にいますが、ちょっと離れたカフェや民宿周辺は人の割に猫が多いので穴場かもしれません。

f:id:nyandaful_day:20190808181119j:plain

暑い日は、こういう小道のようなところに溜まってるよね

徒歩で1周2時間程とMAPに書いてありましたが、猫とじゃれながらのんびり回るとしたら2時間では全然足りないので要注意です。

レンタサイクルだったら1時間位あればぐるっとできそうですね。

朝一で来て、丸一日島で過ごすのであればいいかもしれません。

f:id:nyandaful_day:20190808172601j:plain

こういう道好き^^

f:id:nyandaful_day:20190808172415j:plain

めがね岩!

 

f:id:nyandaful_day:20190808172226j:plain

積石塚古墳!

 

その5.猫を愛情を持って見守る

f:id:nyandaful_day:20190808140553j:plain

本当の愛ってにゃんですか

普通ですね笑。

猫は追いかけまわされたり、執拗にちょっかいを出されたりするのが苦手。

なので、そっと近づいて指挨拶から。

話しかけて顔周りを撫でてあげるって感じで、やさしくコミュニケーションをとりましょう。エサはNGです。

f:id:nyandaful_day:20190808181217j:plain

f:id:nyandaful_day:20190808141404j:plain

 

その6.食事する

丸山食堂か、お寿司屋さんか、キッチン海と空、島カフェあいのしま、Cafe Sunで食事がとれます。

平日とか時間帯によっては、どこもやってないなんてこともあるみたいです。島なんでね。

海鮮類は特においしいと評判のようですね!島ではひじきを特産物として推しているようで、ひじきコロッケなんかもありますね。

筆者は最終フェリーの30分前位に食事したくなって、空いてるところがキッチン海と空だけだったので入りました。こちらの店主は気さくな方で、中から手招きして呼んでくれていました。

入ると、何回も呼んだのに、何で無視すると~?って、え、何回も??全然気付かんかった~!

先客の地元の漁師さん、釣り人の方と店主と短い時間ですが酒を酌み交わし、漁師さんの釣った絶品イカをつまんで、楽しい時間を過ごさせて頂きました。

こういう地元の方との交流が島旅の楽しみですね^^

 

その7.釣りをする

f:id:nyandaful_day:20190808173108j:plain

私はしてないのですが、釣りに来ていた方と少しお話しました。

以前大きなカンパチ?だったかな?が釣れて味を占めて以来、きれいな海で釣りたいのもあって何度も来ているとのことでした。

海岸沿いにはそんな感じで釣り糸を垂れている人がちらほらいらっしゃいました。

そしてその周りにはたくさんの猫たち。。狙ってんな~。次の瞬間、目の前を駆け抜ける猫。その口には青光りする魚!お魚くわえたドラ猫!!

筆者も別の場所で何度かサビキ釣りをしたことがあり、釣り糸から魚を外すとき手が滑って魚を落としたその瞬間、野良猫に魚を持っていかれた経験があります。

そんなこんなで、相島でも海岸沿いの釣り人の周りにはそのおこぼれを狙う猫たちが大勢たむろしているんです。

f:id:nyandaful_day:20190808180502j:plain

今日はもうみんな退散したみたいだにゃ

もちろん猫にエサはあげられないので、魚を奪われない様、十分注意が必要ですね。

相島で猫を隣に携えて釣りをする、なんてのも乙だな~と思いました。

 

 

いかがでしょうか?猫ちゃんだけでなく、相島から高齢化が進む離島や日本全体のことも考えながら、島全体を味わう気持ちで行ってみてもいいかもしれません。

また今回、同じフェリーで韓国人カップルが2組来ていました。

日韓関係が怪しい状況でも、日本が好きだから来たという彼ら。音楽やファッションも若い世代はお互いの文化を認め合って交流が盛んです。政治的にもうまく折り合っていきたいなと心から思いました。