にゃんダフルDAY

猫、旅、食など。日常の中のにゃんダフルを綴りたい(^-^)

藍島・馬島の魅力 さくら猫の島

福岡の相島と並び称される猫島、北九州の藍島・馬島へ初めて行ってきました。
一言で猫島と言っても、島によって雰囲気も勝手も全然違いました。
写真もたくさん撮ってきたので、その魅力を少しでも感じて頂ければと思います。

【行き方】

JR小倉駅から徒歩8分程のところに渡船場があります。(標示と動く歩道があるのでわかりやすいです)
その渡船場からフェリー「こくら丸」で35分程で着きます。
f:id:nyandaful_day:20190823143327j:plain
思っていたよりかなりアクセスがよくてびっくり。
ただ気を付けないと、フェリーが片道1日3便しかないので、朝一の便に乗らないとゆっくり見て回ることができないです。
フェリーの時間は季節によって変わるので十分事前に確認して計画しましょう!
www.city.kitakyushu.lg.jp


【藍島の魅力】

とにかく猫が人懐こい!

f:id:nyandaful_day:20190823144641j:plain

ここの猫は、みんな避妊去勢手術を受けた地域猫、さくら猫です。
手術したのがわかるよう、片耳が桜の花びらのようにV字にカットされています。
そのため、それぞれが大切な命として人々に大事にされており、人懐こさが半端ない。
人への警戒心がほぼゼロで盛大に甘えてくる。ぎゅっと抱きしめたくなるくらいかわいい!

f:id:nyandaful_day:20190823143717j:plainf:id:nyandaful_day:20190823143741j:plain
港近くにいたコ  めっちゃついてくる

あと、道で待ち構えてる「おいでませ」感がかわいい。「にゃー」と向こうから話しかけてきたリ。
一瞬、猫がお祭りの出店とか商店街とかの売り子さんかのような錯覚を覚える。

f:id:nyandaful_day:20190823143808j:plain

f:id:nyandaful_day:20190823144118j:plain

人と猫の距離がとても近いのがいいですよ。

f:id:nyandaful_day:20190823143944j:plain

猫にあまり慣れていない人でも楽しめそうですね^^

島がコンパクトでまわりやすい

f:id:nyandaful_day:20190823143427j:plain

f:id:nyandaful_day:20190823143502j:plain
島が小さいので、港の反対側まで行って帰ってくるまでが、2時間もあれば割とのんびり見て来れる感じ。
プラス2時間で港近くのわいわいビーチや売店の椅子でビールとかもいいかも。

f:id:nyandaful_day:20190823143528j:plain
わかりやすく道路標示も

のどかな雰囲気

海沿いエリアと内陸部エリアそれぞれに猫がいて、のびのびと暮らしている感じ。
当り前に猫がいて、住民と適度な距離感を保っているような。
さくら猫だけに、みんな大人の猫というのもそののんびり感に拍車をかけている。

f:id:nyandaful_day:20190823143848j:plain

f:id:nyandaful_day:20190823143911j:plain

f:id:nyandaful_day:20190823144615j:plain

f:id:nyandaful_day:20190823144718j:plain

海がきれい

f:id:nyandaful_day:20190823144218j:plain

千畳敷という海岸。透明度高い!

f:id:nyandaful_day:20190823144549j:plain

潮が引くと、向こうの貝島、姫島にも渡れるらしい。スナメリがいるという灯台も!
潮を読んでから行くとより楽しめるはず。
帰り道、地元の方がウニの中身を出す作業してました。
やっぱりウニとれるんですね~^^



【馬島の魅力】

猫があくびをする島^^

f:id:nyandaful_day:20190823145850j:plain

お隣の馬島にも猫がたくさんいるという情報をキャッチ。しかし最近痛ましい事件が。。
刺激したら悪いと思いながら、ただどんなところでそんなことが起きてしまったのか、なぜなんだろうと気になってしまう。
かなり迷ったけれど実際に行ってみて感じたいと思い立ち寄りました。
馬島は事前情報の通り、トイレも売店も何もない、本当に人が住んでいるだけの島。
港に自販機が一つあったのはせめてもの救い。

f:id:nyandaful_day:20190823150336j:plain
フェリー乗り場
え、ここの人たちは買い物どうしてるんだろう?小倉まで行くのかな?
確かにフェリーの不便ささえ気にしなければ、片道約30分、420円で街に行けるなあ。
島に降りたのは私と郵便局の集荷の人、あと島内放送の整備の人の3人だけ。
平日だしね。。

小倉行のフェリーまで2時間。さあ色んな猫と戯れるぞ、と意気込む。
港周辺にはあちこちに猫猫猫。猫密度は確かに藍島を超えている。。
こちらの猫もさくら猫。

f:id:nyandaful_day:20190823145108j:plain
猫のお顔がちょっと横長で特徴的。そういう種類の猫から繁殖したんやな。
こんだけたくさんいて、これでも減ったらしいのでかなり多かったんだろうと推察。
どの子も人懐こくて相当リラックスして、ちょっとおなかがぽんぽこしている。たくさん食べてたくさん寝て自由に遊ぶ。
f:id:nyandaful_day:20190823145147j:plain

リラックスのあまりにあくびの連続。
f:id:nyandaful_day:20190823145557j:plain

f:id:nyandaful_day:20190823145934j:plain

f:id:nyandaful_day:20190823145814j:plain

f:id:nyandaful_day:20190823150229j:plain
藍島に輪をかけてのどかで平和な雰囲気。
こんな島であんな事件があったのか。。
畑がたくさんあったので、農家の方々からするとやはり猫にいい思いを抱けない人もいるのかもしれない。自分が猫が好きでも何でもなかったら、その猫も猫を見に来る人々も迷惑以外の何物でもないだろう。

正直道らしき道もほとんどなく、猫もおねむの時間のようで、1時間程持て余してしまう。
港にあるベンチでぼんやりしていると。。
f:id:nyandaful_day:20190823150247j:plain
何か来た(´・ω・`)

時が止まったかのような島の時間。
f:id:nyandaful_day:20190823145954j:plain


この写真の中に猫は何匹いるでしょう?
f:id:nyandaful_day:20190823150121j:plain
正解は、、、








6匹です!!


あまり動き回れないけど、ゆったりと猫たちと戯れたい、一緒にいるだけで満足。
そんな方にはぴったりの島。

f:id:nyandaful_day:20190823150030j:plain

f:id:nyandaful_day:20190823144958j:plain

悲しい事件がもう起きないでほしい。恐ろしい手段ではなく、話し合いによって歩み寄るような平和的な手段をとっていただきたい。
猫だって大切な命なのだから。その猫に救われる人がたくさんいるのだから。


帰りは小倉でプチ観光。懐かしい小倉

小倉城の外観を楽しみ

f:id:nyandaful_day:20190823150413j:plain

室町のこのいい感じの橋を渡り、(写真撮れてなかった( ;∀;))
www.city.kitakyushu.lg.jp

小倉名物
揚子江の肉まん
シロヤのオムレットとサニーパン

をお土産にして小倉を後にしました。