にゃんダフルDAY

猫、旅、食など。日常の中のにゃんダフルを綴りたい(^-^)

おすすめ猫映画(=^・・^=)【厳選3選】

猫が出てくる映画は色々ありますが、猫そのものの良さや気持ちを表現しようとしてくれていると感じる映画は多くありません。ストーリー自体にピンとこないものや、無理矢理撮影した感が伝わってくるようなもの等。

そんな中、自称超猫好きの筆者がこれは!と思った猫映画3つをご紹介します。

 

  

その1.ボブという名の猫~幸せのハイタッチ~

bobthecat.jp

両親の離婚からドラッグにおぼれ生活困難者となった主人公ジェームズが、野良猫ボブを世話することになったことをきっかけに立ち直っていくというストーリー。

実話を描いた本が映画化された作品。

この映画が素晴らしいのは、猫のボブが家の中を歩き回ったりするする様子がとても自然な雰囲気で撮影されているところ。全体的に猫が写る映像に無理やり感がなく、存分に猫の存在感やストーリーを楽しむことができます。

と思ったら、この猫ボブ本人らしい!!

肩に自然に乗る様子、脱帽の演技力、必見です。

ストーリーは「本当に?」と疑いなくなるような、とっても素敵な猫の恩返し。

ボブに接するジェームズのやさしさとそれに応えるように活躍するボブの愛らしさ。

猫ってそうなんだよね、人を癒して元気にする力があるんだよね!ということを再確認しながら、でもここまでか!と驚く感動作。

万人に自信を持ってお勧めできる鉄板猫映画です。

 

 

その2.ルドルフとイッパイアッテナ

rudolf-ippaiattena.com

絵本が原作のアニメ映画。飼い猫のルドルフの冒険記。

ルドルフ目線でストーリー展開していく。

気が付くと色んなシーンで涙してしまいました。

ルドルフは飼い主の女の子りえちゃんのことが大好きで、ある日こっそりついていってみたくなる。初めて家の外に出てみたら、びっくりして遠くまで行くトラックにのってしまった。降りた先は知らない場所。そこで野良猫たちと過ごすことになり。。

正直、大して期待しないで観ました。そしたら、室内飼いの猫が外で暮らしていくことのなんと大変なことか。そしてルドルフが飼い主を思う気持ち。。猫が日本語を読めるっていう設定はファンタジー要素強めだけど、全体的に猫ってこんな気持ちなのかも??と思わせるものがあり、入り込んで観てしまいます。

イッパイアッテナの飼い主はアメリカに行くからといってイッパイアッテナを捨てるのは無責任過ぎる。りえちゃんの方も、ルドルフを外に出さないようにもっと注意すべきだった。登場する飼い主たちを反面教師にして、うちの猫ちゃんたちを大切にしていこうと思います。そういう意味で、猫を飼っている人皆に観てほしい作品です。

 

その3.猫が教えてくれたこと

neko-eiga.com

イスタンブールの猫たちを描いたドキュメンタリー。

野良猫や半野良猫、飼い猫等それぞれの猫の生き様と個性あふれる性格が、それぞれを面倒見ている人の口から語られます。どの人にも共通しているのが、猫への愛に溢れていること。

また、特に野良猫たちがあちこちでエサをもらい子育てをしたり自由気ままに生きる様子が微笑ましく描かれています。

猫たちのために街のあちこちに水やエサが用意してある。

毎日10キロの鶏肉を猫たちに与えている女性や、港や町中の猫たちにエサやリして回る男性もいた。彼らは猫たちに癒され、心の拠り所としている。

都市化に伴い、野良猫の居場所がなくなってきているが、野良猫はイスタンブールの文化の象徴と考える人もいる。

飼い猫になることで猫らしさが減ってしまうのでは、という危惧も。

人が猫から教えられることは多い。ユーモアのセンスやありのままで満足すること。猫が足元に来て話しかけてくれるだけで幸せになれたり。

 

こんなに野良猫ばかりで増えすぎてしまうのでは?エサやリとかも大丈夫??と思い調べてみると、トルコは動物好きの人が多く殺処分をしたくないため、野良猫を見つけると去勢手術をしてまた放すそう。

完全に野良というよりは、地域で面倒を見ている地域猫に近い様子。

それでも映画の中でも子猫がたくさん登場していたので、手術は追いついていないのではないかなと感じた。

都市化していく中でも、猫と人が共存できるよう工夫しながら、猫のいるイスタンブールの風景を引き継いでいってほしい。

都市化し国土も狭い日本では、猫は室内飼いを推奨しているが、猫と人の共存の形は一つではないと考えさせられる部分があった。飼い猫になることで猫らしさが減ってしまうという考え方はわからなくもない。一方で、飼い猫になることで知ることができる猫らしさもあるようにも思う。

その地域、そしてその変化に合わせた共存の形を模索し続けることが、人が猫にできる恩返しであり、日本が早く殺処分の無い国となれるよう、自分も少しでも貢献したいと改めて思うのでした。