にゃんダフルDAY

猫、旅、食など。日常の中のにゃんダフルを綴りたい(^-^)

猫の嘔吐を減らした体験談【毛玉、カリカリ、水】

猫ってフォルムがきれいで、どんな仕草もかわいらしい。
存在が芸術だなっていつも思っちゃいます。
そんな猫にも「わぉっ」てなる一面があります。

それが嘔吐。

猫はよく吐き戻す動物と言われています。
中には病気であることもありますが、「毛玉」や「食べたもの」を吐くのは正常な嘔吐の範疇。
嘔吐物を観察して判断しましょう。

生理現象とはいえ、嘔吐物を処理するのはなるべく減らしたいな、、
吐くの結構辛そうだし。
そんな思いで実家猫の嘔吐対策をし、効果があったのでお伝えしてみます。

その1.「毛玉」編

私の実家には17歳の高齢猫がおり、若干長毛タイプのためか、昔から毛玉を吐く習性がありました。
少し舌をぺちゃぺちゃし始めたな、、と感じた次の瞬間体全体で嗚咽し始め、ゲボるので初めて見た時は結構ホラーでした。
慣れたら、あ~また間に合わない、という感じですが。。(まれに床に落ちる前にティッシュでレシーブできるときがあります)

このゲボ(我が家では嘔吐を「ゲボ」と呼んでいます)については、なるべくブラッシングしたり、撫でているときに毛を手で取ってあげて、猫自らがグルーミングする量を減らしてあげるようにすると、かなり軽減することができます。
特に季節の変わり目は念入りにしてあげると猫さまもご機嫌ですね。
逆にちょっとサボり気味になると、容赦なく吐くのでわかりやすいです。
毛玉ケア用のフードもあるので活用してみてもいいかも。

f:id:nyandaful_day:20190815150434j:plain

その2.「カリカリ」編

少し前のことですが、そうしたゲボに異変が起きました。
それまではゲボは毛玉のみだったのに、食べたばかりのフードを戻すようになったのです。
「がつがつ食べ過ぎなんじゃないの?もっとゆっくり食べなさいよ~」という母の言葉は届いているのかいないのか、
高齢猫用のフードでも容赦なく吐く猫。
どうしたら、、?と思いネットサーフィンしていると、足つきフードボウル、なるものを発見。
なるほど、低いところのものは呑み込めなくて吐いちゃってたってことか。
高さのあるボウルにすれば負担なく食べられるんやね。よし、これを導入しよう!
こうして、たちまちフードを戻すことはほぼ0に!おお~!!!

f:id:nyandaful_day:20190814122046j:plainf:id:nyandaful_day:20190814122015j:plainf:id:nyandaful_day:20190814122254j:plain
高さがあると食べやすいにゃ
これで猫の惨事に付き合うこともほぼほぼなくなるだろう、と一安心したその矢先に。。。

その3.「水」編

猫さまは、実家の私の部屋で一日の半分以上を過ごしています。
私が実家にいるときは、夜寝るとき必ずとなりに来て一緒に寝ます。
そして、朝の4~5時位になると体の上に乗ったり顔をなめたりと様々な手段を使ってを起こしエサ場へ誘導します。
ある日の朝。重いな~、また体の上にのってるな~、うざかわいいな~。舌をぺちゃぺちゃする音。
あれ?おや?と思った次の瞬間、げこっげこっっと嗚咽の音が。

うわ~!布団の上で~!

も~なんで~?と処理していると、吐いているのは水?胃液?固形物はほとんどない。
これは、、、もしや水も高さがあった方がいいのかな?
そこで思い出したのが、いつも見てる某youtuberの方が動画で紹介していたウォーターファウンテン。
あれなら高さも十分にあるし、加えてフィルターのおかげでいつも新鮮な水を提供できるから水を換える手間も省けるのでは?
よし、導入決定!
届いて組み立てて、さあスイッチオン!

f:id:nyandaful_day:20190814122215j:plain

ブーーーーーーーーーーーー

結構音がするなあ。。でもきっと飲んでくれるはず。。!
そう信じて、でも最初は一応これまでの水入れと併用。
あ、近づいた!においをかいでいる!
飲むかな、、?って飲まんのか~い!
ということが1ケ月程続き、その間1度か2度ほど飲んで見せたのですが、すぐにいつものに逆戻り。
あ~せっかく買ったのに飲んでくれん。。と落ち込んでいました。

そしてある日、実家に帰ると嬉しそうな母。
「猫、(ウォーターファウンテンから)水飲むようになったよ!!」
え、ほんとに??
わ~!!よかった~、思いが通じたよ~^^


そんなこんなで、猫さまが吐くことはかな~り減りました。
体悪いところも特に見当たらないので、このまま25歳くらいまで長生きして猫又にでもなってほしいものです。